メンタルに強い生活習慣

叫ぶ女性

普段の生活習慣におけるストレスは日頃から解消しておく必要があります。そうすればうつ病などの病気にならないからです。ストレスは毎日仕事などにおいて日々蓄積されるものですが、解消できないからとそのままにしておくと溜まってしまい精神的に辛くなってしまいます。チェックを行なっていきながら、医療機関も訪ねて解決していきましょう。

Read More...

イライラの原因を知る

頭を触る男性

職場や日常生活のせいで過度なストレスを感じる場合、ストレスチェックを行ないましょう。未然に病気を防ぐ上でこうしたチェックは効果があります。ストレスチェックの結果が思わしくなかった場合、状況の改善を行ないましょう。

Read More...

病を受け止めるまで

女性医師

ストレス性の病を癒すための方法は多様に存在しています。病を克服するためにもできるだけ早くストレスチェックを行い、自身の状態を客観的に見つめましょう。従業員数が50人以上の事業所では年に一度ストレスチェックを行なうように厚生労働省が定めています。これにより適切に自身の健康を守りましょう。

Read More...

心の健康のために

診察

実施者を信頼する

労働安全衛生法が改正され、労働者が50人以上いる事業者にストレスチェックが義務付けられました。2015年12月以降、毎年1回はこの検査を実施しなければならないのです。急な法改正で各職場では混乱も予想されますが、うまく利用すれば労働者にとって画期的な制度とすることも可能です。ストレスチェックについて1人1人が正しい知識を持ち、社会の全体で心の健康を実現させていく機運に結びつけることが期待されます。ストレスチェックと称するテストは、例えばインターネット上でも簡単な質問に答えていくことにより、誰でも手軽に受けることも不可能ではありませんでした。すでに試してみたことのある方も少なくないでしょう。自分がどの程度のストレスを受けているのかという問題は、誰でも無関心ではいられないのです。しかしながら今回の法改正に基づいて義務付けられたストレスチェックとは、職場環境を熟知した産業医等を実施者として規定しています。国が推奨する57項目の質問票の内容も公開されていますが、だからと言って誰でもこの検査を実施できるわけではありません。実施者は専門知識と経験を持った医師や保健師などに限られるのです。ストレスチェックを受ける側としてみれば、その点に聊かの心理的負担を覚える人がいるかもしれません。ある程度の覚悟がなければ、医師や保健師と向き合うことはできないものです。特に本人の自覚がなく、自分は心身ともに健康だと思っている人ほど不信感を抱きがちです。どのような場合でも検査を受ける際には医師や保健師等の実施者を信頼し、答えにくい質問に対しても正直に答える姿勢が自分のためにも大切なのです。

心の健康を保つ生活

ストレスチェックの結果、高ストレス者と診断される場合も考えられます。その際には本人の希望に基づき、医師などの面接指導を受けることも可能になります。事業者に対して労働環境の改善を図るよう、実施者の側から提言する場合もあります。法改正による新たな制度を味方につけ、これを機会に自身の心の健康を向上させていくことに役立てるべきです。ただしこの制度では、50人に満たない事業所にはストレスチェックが義務付けられていません。労働者は自分でストレス管理をする必要があります。年に1回この検査を受ける人も含め、日頃からストレスを軽減させるような生活を心がけることも大切です。スポーツやレジャー、旅行など、日常を離れてさまざまな趣味を楽しむことも、ストレスを発散させて心身をリフレッシュさせるのに一定の効果はあります。ただし、そうした活動的な趣味も度が過ぎるとかえって疲れ、ストレス解消どころか蓄積することにもなりかねません。仕事で疲労が溜まっていることを自覚しているのなら、体を休めてリラックスできるような活動の方が効果も期待できます。適度な散歩や映画・音楽鑑賞、温泉など、好みによって解消法は異なります。親しい友人や家族など、心を許せる相手とゆったりした気分で会話を交わすことにより、心がリフレッシュできる場合もあります。適度な範囲であれば、童心に返って子供と遊ぶことにも効果が期待できます。それでもストレスが解消できない場合は、専門の医療機関を受診してみるのが心の健康に向けた近道です。身体症状が伴うなら心療内科、精神的なストレスを強く自覚しているなら精神科で、医師に相談することにより問題が解決する可能性も高くなります。